シリーズ:牛肉切り落とし  “ 野菜とカレーのちょこっと炒め  ”

今日も暑かったです…
家にいたので、ブログの設定をいろいろ変え始めたらタイトルまで変わりました。
気分も変わっていいものですね。


画像




今日は、牛肉をタマネギと砂糖とすき焼きのたれで、甘辛く軽く煮たものがあったので
それをカンタンにカレーのようにしました。
もう下味が付いているので手早くできます。


画像



付け合わせは「卵焼きのなめこのあんかけ」です。

~材料~
・牛肉を甘辛く煮たもの…50gくらい(別途記載)
・パプリカ(赤・黄)…適量
・えのき茸…適量
・オクラ…2本(湯がいたもの)
・カレー粉…小さじ1くらい
・マヨネーズ…大さじ1
・水…100cc
・塩コショウ…少々

~材料・卵焼きのなめこのあんかけ~
・玉子…1個
・水…30cc
・麺つゆ…少々
・ごま油…適量(玉子を焼くときのもの)

・なめこ…1/3~1/2袋分
・水…50cc
・麺つゆ…適量(商品によって濃度が違うので)
・しょうが塩…ひとつまみ(しょうがの擦りおろしたものに塩を入れて冷蔵庫で保存しているもの)
・みょうがの千切り…少々(あったので)

〈1〉容器になめこ、水、麺つゆを少々入れ、レンジで2分ほど加熱。
味見して薄味なら麺つゆを足す。しょうが塩で味を〆る。

〈2〉野菜を一口大に切り、オリーヴオイルで炒める。(全般的に中火~弱火で。)
塩コショウを軽くしたら、牛肉を入れて合わせ、カレー粉、マヨネーズを加え炒め合わせたら、
水を加えて少し水分を飛ばしたら火を止める。

〈3〉卵焼き用フライパンを弱火で温める。その間に玉子を溶き、水、麺つゆを入れておく。
ごま油をひき、香りが立って来たら玉子液を菜箸に付けて、一滴落としてみる。
温まっているようなら、玉子液を1/4入れ、巻いて、を3~4回繰り返す。
焼けたら1/3にカットし器に入れ、なめこのあんかけをかける。

***小さな卵焼きを作りたいので卵焼き機の端から1/3くらいまでを使って焼く。

***ごま油がポイントです。

***牛肉の甘辛煮

~材料・牛切り落とし200g分~
・牛切り落とし…200g(この為にお肉屋さんが開店前に行って良いところを注文したそうです…)
・タマネギ…大1個(縦半分にしたものを中央を外し、少しずつ外しながらカット。大きさ、形を揃えることが重要、タマネギを1、5センチ幅くらいにすると盛り付けた時に存在感があり、また美味しいです。)
・砂糖…大さじ1~2
・すき焼きのたれ…(商品によって味が異なるので少しずつ入れ味見で調整。)
・レモン塩…小さじ1弱とレモン1かけ分のレモン汁(余ったレモンに塩を入れて保存している。)

*薬味~友達の家でそうめんと共に出て来た薬味。ハマっています。彼女はネギの青い部分も入れています。
・しそ、ミョウガ、生姜、カイワレ大根を細かく切って水にさらし良き水切りしたもの。しそ、生姜が入っているので水切りを丁寧にしておけば数日は大丈夫。不安ならさらす水に酢を少々入れる。


〈1〉湯を沸かして牛肉を入れ箸でほぐしてほんの一瞬で湯切りし湯を捨て、その鍋に牛肉を戻して弱めの中火で軽く混ぜながら水分を飛ばす。タマネギを投入し全体を合わせる。
〈2〉弱火にし砂糖を入れて混ぜ合わせ、蓋をしたら30秒ほど蒸し煮する。ふたを開けてすき焼きのたれ、鷹の爪の輪切り2個を入れ混ぜ合わせて蓋をし1分程蒸し煮。
〈3〉ふたを開けて味見をし、レモン塩、レモン汁で調整する。
***いただく時に薬味を添えて出す。そのままでも美味しいけれど途中で薬味を加えても。
***今日は冷たいきしめんのつけ合わせにしましたが、薄味の温かいおつゆで冷や麦や細いうどんの上にこの肉を薬味とのせても美味しいと思います。そのときは生姜の絞り汁をほんの数滴入れると味が締まるを思います。他にも応用が利く料理です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック