インスタントラーメンでひとり鍋~応用バツグン!忙しい時の来客にも出せるかも~

この間、ついに風邪をもらってしまいました。その時に簡単に栄養も摂ろうと作った鍋物です。
インスタントラーメン(味噌)をベースにしました。
これなら来客時にも出せそうだなと思えるものになりました。
ほかの味でもいろいろ楽しめると思います。

画像


~材料~
・インスタントラーメン(味噌)…1袋
・コチジャン…適量
・キムチの素…小さじ1~2
・カニ缶…あれば。安いもので良いので。(これは激安の100円のもの)
・鶏ガラスープの素…小さじ1くらい
・しょうが…適量(千切り)
・きのこ、ネギ、ゴボウ等の野菜類…あるものを適当に。

〈1〉鍋に水をラーメンを一人前作るよりも多めに沸かし、粉末スープ、鶏ガラスープの素、
コチジャンを入れ、味を見て少々薄めに整ったら、通常の鍋のように野菜等を入れながら食べる。

〈2〉〆はラーメン。今回食べた様子では、麺は一人前では多かったので、
半分以下にした方が良かった気がしました。

今度は塩ラーメン、とんこつでも試してみようと思っています。

画像

冷蔵庫整理 トマト デ ポトフ~洋風おでん~

すっかり秋らしく寒くなって来ました。そろそろ鍋物など温かい食べ物が恋しい季節です。
ここのところ、異常に忙しくなかなか食事もままならないので温め直しもできる上に、
冷蔵庫の整理も出来るポトフにしてみました。
冷蔵庫の奥に使い忘れていた完熟?大きなトマト(おそらく桃太郎)も2個あったので、
それをベースにトマト風味のポトフを作ってみました。
たくさん作ったので飽きたらカレーやデミグラスソースを入れたりしてアレンジしたいと思っています。

画像


~材料~
・トマト…2個(水煮缶でも。皮を剥いて、ミキサーでジュースにしてこし器でで漉しました。)
・ダイコン…適量(皮を剥く)
・ジャガイモ…適量
・タマネギ…適量(縦に大きめにカット)
・ミディトマト…適量(ヘタを取って)
・セロリ…適量(筋を取って縦長にひと口大に)
・鶏モモ肉…適量(大きめ一口大にカット)
・ソーセージ…適量
・キャベツ…適量(芯を中心に放射状にカット。剥がれないように楊枝を刺す。
・オリーヴオイル…適量
・鷹の爪…少々
・ガーリックパウダー又はニンニク…少々
・コンソメ…1個(今日はチキンコンソメにしました。)
・水…ひたひたに。
・ベイリーフ(ローリエ)…1枚
・エルブ ド プロバンス…ハーブ(無くても。タイムでも。)
・塩コショウ…少々
・酢…小さじ1~2
・粒マスタード…適量

***ニンジン、カブを入れても。
又、鶏モモ肉ではなく豚の固まりでも。
***セロリがあるなしが味に影響します。
あるとグッとフレンチになりますが、無くてもあっさりして美味しいです。

〈1〉大きめの鍋にオリーヴオイル、鷹の爪(生ニンニクの場合ここで)を入れ、
弱火でじっくり香りを出す。
火を強めダイコン、塩コショウをした鶏モモ肉を焼く。
焼き色が付いて裏返して、裏面も焼けて来たところでたらセロリ、タマネギ、ジャガイモを入れ、
水(ひたひた)、コンソメ、ベイリーフを入れ煮込む。

〈2〉トマト(ミキサーにかけたもの)を入れ煮込む。
***水煮缶ならそのまま入れる。
沸騰後、味見をして酸味が強かったら砂糖を入れる。

〈3〉キャベツ、ソーセージ、酢を入れ蓋をして煮込む。
ここは弱火で。(強火にしているとジャガイモが煮崩れ、ソーセージが割れてしまうので。)
ジャガイモに串が刺さったら全体に火が入っているので、スープの味見をして大丈夫なら、
火を止める。
***味の調整として、塩分以外に甘み等も足りないならば麺つゆを少々入れるのも良いかも知れません。

〈4〉お皿に盛り、粒マスタードを付けて頂く。






これもロールキャベツ!簡単!! デミグラスソース煮込み

豚バラ肉で、キャベツ、ニンジン、オクラを巻いてデミグラスソース(市販品)で煮込みました。
簡単ですが、見た目もフレンチでちょっとした来客にも。
温め直しも可能なので、作り置きもできます。
他に、牛肉で巻いたり、野菜を長いもやインゲン、マイタケ、ダイコン、ジャガイモのメークイン等でも
美味しくできると思います。

画像


~材料~
・豚バラ肉…作りたい枚数(豚のこま切れではありません。)
・キャベツ…適量(1枚の肉に対して、5×10㌢位を目安にそれを3~5枚)
・ニンジン…10㌢長さの5ミリ幅の千切り(1枚の肉に対して、3~5本)
・キャベツの芯…ニンジンと同じように千切り
・オクラ…1枚について1本
・塩コショウ…少々
・オリーヴオイル…適量
・デミグラスソース…1袋(もしくは1缶)
・エルブ ド プロバンス…粉末ハーブ(他、タイム、ローリエ、セロリの葉1枚等でも。また無くても)
・赤ワイン…大さじ1
・水…鍋に対してひたひた
・お酢…小さじ1くらい
・バター…大さじ1くらい(できれば無塩、マーガリンでも良い。有塩の場合、焼くときの塩は少なめに)
・パセリ…少々

〈1〉豚バラ肉を縦に広げてキャベツを手前から5㌢の肉が見えるように置く。
キャベツの上にその5㌢を被せ、ニンジン、オクラ、キャベツの芯をのせてしっかり巻く。

***お肉をまっすぐ巻かず、少し斜めに巻いて行くとお肉が厚くならず、野菜の存在感が出る。

〈2〉熱したフライパンにオリーヴオイルをひいて、お肉の表面をまんべんなく焼く。
軽く塩コショウ、
焼けたら一度、取り出して余分な油を捨てるか、別の鍋に取り替える。

〈3〉お肉をフライパンに平らに並べ、お酢、赤ワインを入れアルコールを飛ばす。
お水をひたひたになるまで入れて沸騰させて、アク、油を取り除き、5分くらい煮込む。

〈4〉デミグラスソースを入れてさらに煮込む。
味見をして、薄ければ塩コショウで整える。

〈5〉バターを入れ溶かす。(この後は煮詰めない。)
味が濃い場合は水、バターをやや多めに入れる。

〈6〉お皿に盛りつけ、パセリを上から飾る。




イカの塩辛を使った腹もちのいいホウレン草とセロリのボリュームパスタ

パスタはカンタンに作れるので、お昼ごはんに良く作りますが、すぐお腹がすいて来ます。
ついついお菓子を食べて後悔…ですので、今日は腹もちのいいパスタに仕上げてみました。
セロリは葉も使うので栄養も満点です。
イカの塩辛も手作りでしたが、市販のもので充分。

画像


~材料~
・パスタ…食べる量を塩、オリーヴオイルを入れて茹でる。(塩辛の塩分を考慮して控えめに)
・オリーヴオイル…適量
・ニンニク…少々(生なら1かけを潰す。)
・鷹の爪…1本
・セロリ…適量(今回は葉に近い細い部分を斜め切り、葉は千切り)
・ジャガイモ…1個(皮を剥き千切りのスライサーで長めにスライスし、水にさらす)
・イカの塩辛…大さじ1~2
・白ワイン…大さじ1くらい(なければ日本酒でも)
・柚子コショウ…(小さじ1/2、あれば入れる)
・ホウレン草…適量(ヘタを取り、3等分)
・黒コショウ…少々

〈1〉パスタを茹でる。時間より1分程短めに。

〈2〉フライパンにオリーヴオイル、ニンニク、鷹の爪を入れてから弱火で香りをオイルに移す。

〈3〉セロリの茎を入れ炒める。

〈4〉ジャガイモの水を良く切りフライパンに入れ炒めて、軽く塩コショウ。

〈5〉塩辛を入れ炒め合わせる。

〈6〉白ワイン、柚子コショウを入れる。

〈7〉ホウレン草の茎の部分を入れる。

〈8〉パスタを湯切りして入れ、茹で湯をお玉に1杯程入れて強火でからめて行く。
ホウレン草の葉を入れ、味を見て塩コショウ等で整える。
セロリの葉を入れ、合わせたらお皿に盛り、オリーヴオイルを回しかけ、
上から黒コショウをかける。

***ジャガイモ、塩辛、柚子コショウの相性が良いので炒め物にも活用できます。

=======================================================

セットしてほったらかし。
最初がんばれば、毎月17万円。
内容を知りたくありませんか?
              ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648






ベーコンは使いません。野菜と豆と雑穀でヘルシーミネストローネ

家にあった少しずつの野菜と、雑穀、豆類、トマトジュースを使って、

カンタンにミネストローネを作りました。

ベーコンを使わずに仕上げるのでヘルシーです。

下ごしらえと少しだけの手間でぐっと美味しくなります。

腹持ちもよくとても美味しいです。

フライパンとレンジもしくは炊飯器で作れます。



画像


~材料~



=レンジで下ごしらえ=



ニンジン…小1本(1cm角切り、レンジで1分加熱)

レンコン…2~3cm(ニンジンより細かめに、切ったら薄い酢水でアク抜き、水切りしてレンジ2分)

ジャガイモ…1個(1cmの角切りにし、水にさらして、レンジで1分)





レンズ豆…大さじ2(水で軽く洗う)

・雑穀米…1袋(やずやの雑穀のようなもの)

・水…適量





・茄子…1個(1センチの角切り)

タマネギ…1個(1センチにカット)

トマト…ミディトマト2個(あったので入れました。1cmくらいの角切り)



オリーヴオイル…適量

・塩コショウ…適量

ケチャップ…小さじ1

ベイリーフ…1枚(月桂樹の葉)

・トマトジュース…1缶

コンソメ…小さじ1

・しょうゆ…小さじ1くらい(味見して加減)





〈1〉下ごしらえをした野菜をオリーヴオイルで炒め、塩コショウを軽くする。

これをレンジ対応のキャセロールなどの大きめの器に入れ、レンズ豆、雑穀、

水をひたひたより少なめに入れて混ぜ、ラップを隙間を開けてかけ、5分加熱。



〈2〉その間にオリーブオイルでタマネギを炒め、塩コショウを極少々。

茄子を入れ、火が入ったところで塩コショウ、ケチャップを入れる。

トマトを入れ炒め合わせる。

トマトジュースを入れ、フライパンに付いた旨みをヘラなどで取る。



〈3〉レンジのキャセロールにフライパンの中身とベイリーフ、コンソメを入れ、再びレンジで10分。



〈4〉レンコン、ジャガイモが固いようなら再度加熱。

大丈夫そうなら、水を200ccを目安に適量を入れ、味を見て塩コショウ、しょうゆを入れる。



***寝る前に〈1〉、〈2〉まで調理したものと〈3〉の材料をを炊飯器に入れたら、

保温で一晩加熱し、朝、味見をして塩コショウ、しょうゆで整えることもできる。


画像

いろいろな野菜のハンバーグ~あっさりしたテリヤキソースで~

冷凍しておいた生のハンバーグの種をいろいろな野菜と合わせて焼きました。

きっと別々に焼いたらあの量の野菜は多いと思いますが、合わせる事でたくさん野菜が摂れます。

種は今回は三越銀座店で売っている「銀座ハンバーグ」です。

とても人気があるそうでしたので一度食べてみたくて購入してみたものを冷凍しておきました。

一人分作るのは美味しくないので、ハンバーグは生のものを購入してさらに加工することが多いです。



画像


~材料~

・ハンバーグ…1個(生)

・小茄子…1個(ピーラーで縞状に皮をむき縦に1/4)

ピーマン…1個(種を取り、縦に1/2)

レンコン…2cm(1cmの輪切り)

長いも…2cm(レンコンと同じにカット)

・小麦粉…少々

・砂糖…小さじ1

麺つゆ…10ccくらい(濃度が麺つゆによって違うので加減)

・水…50cc

・塩コショウ…適量

オリーヴオイル…適量

トマト…付け合わせ



〈1〉野菜の肉を詰める面を上にして並べ、小麦粉を薄く振るっておく。



〈2〉ハンバーグをそれぞれに付けて、肉の面に塩コショウをする。



〈3〉オリーヴオイルを引いたフライパンをよく加熱し、肉の面を下にして焼く。

焼き色が付いたら裏返し、弱火にして野菜の面を焼く。



〈4〉30秒ほどしたら、砂糖、麺つゆ、水を入れふたをして蒸し焼きにする。

一番厚みのあるものに串をさしてみて透き通った肉汁が出てくれば火が入っているので出来上がり。



***ソースが薄味で多いようなら、中身を先に取り出してソースだけを少し煮詰める。



***作業をしながら厚みのあるものから焼くと同じ時間に焼きあがりやすい。

=======================================================
普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

そんな本当は公開してはいけなかった超禁断の
ほったらかし最先端ノウハウをあなただけに、
コッソリとお伝えしたいのですが、その秘密の
内容を知りたくありませんか?
               ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

カンタン、見栄えばっちり!!~フレンチスタイルの茄子の包み揚げ~

茄子が美味しい季節になりました。しかし、なかなか一袋を使い切ることができなくて困ることもしばしばあります。

フランスの食材に「ブリック」という、春巻きの皮に良く似たものがあります。今日は、春巻きの皮と茄子でカンタンであっさりした

ナスの包み揚げを作りました。茄子の美味しさを存分に味わえる思います。



画像


~材料・3本分~

・春巻きの皮…3枚

・茄子…小茄子2本(5ミリ厚さに輪切りし、水にさらす。)

・塩コショウ…少々

タイム…少々

オリーヴオイル…少々

・小麦粉…少量を水で溶いておく(糊として)

・揚げ油…適量



〈1〉春巻きの皮に茄子を横に3枚のせ、塩コショウ、タイム、オリーヴオイルを少々かけて巻き、水で溶いた小麦粉でのりづけ。



〈2〉170~180g℃の油で両面をキツネ色に揚げる



***手早く包めるならば茄子は水切りせずに包むとより茄子がジューシーに仕上がります。

包んですぐ揚げられるように油も温めておく。



***170℃からじっくり揚げたほうが、茄子がトロッとしてより美味しいと思います。

===================================================================

普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

そんな本当は公開してはいけなかった超禁断の
ほったらかし最先端ノウハウをあなただけに、
コッソリとお伝えしたいのですが、その秘密の
内容を知りたくありませんか?
 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648



お肉を使わないのにコクがある~ヘルシーな茄子味噌の焼うどん~

仕事から帰ってとても疲れていたので簡単できる、茄子の味噌炒めに少し手を加えて焼きうどんにしました。

なるべく豆腐類を摂ろうと心がけているので、お肉の変わりに油揚げを使用。

油揚げには味噌がとても良く合いました。ヘルシーでやさしい味の焼きうどんです。



画像



~材料・1人前~

・茄子…1本(5cmくらいの長さ、うどんの太さにカット)

長ネギ…20cm(斜め切り、うどんの太さに合わせて)

レンコン…適量

・油揚げ…1/2~1枚(7cmくらいの長さ、うどんの太さに)

・塩…少々

オリーヴオイル…大さじ1(ごま油でも)

・おろしにんにく…小さじ1/2

・酒…大さじ1

・湯…大さじ2~3(水でも)

・顆粒かつおだし…小さじ1

・味噌…大さじ1/2~1

削り節…適量

紅しょうが…適量(たくあんの千切りも合いそうでした。)





〈1〉オリーヴオイルで茄子を炒める。塩で軽く味付け。



〈2〉レンコンを入れ炒める。



〈3〉長ネギ、油揚げを入れ合わせたら、かつおだし、酒を入れる。



〈4〉味噌、水を入れて味噌をすばやく溶かし、混ぜ合わせる。



〈5〉うどんを入れる。あわせて味見。



〈6〉お皿に盛り付けて、紅しょうが、削り節をのせる。


===================================================================
普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

そんな本当は公開してはいけなかった超禁断の
ほったらかし最先端ノウハウをあなただけに、
コッソリとお伝えしたいのですが、その秘密の
内容を知りたくありませんか?

 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

落語蔵出しシリーズ(7)うどん屋/味噌蔵/反魂香/しりもち
コロムビアミュージックエンタテインメント
三笑亭可楽

ユーザレビュー:
可楽を知るお徳な一枚 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


=====================================================================

ごはんのおかずにもおつまみにも~キャベツとモツの甘ピリ辛味噌炒め~

キャベツが美味しくなり始める季節。今日は、冷凍庫にあった煮込み用のモツを、

キャベツと一緒にカンタンな甘ピリ辛な味噌炒めにしました。

ピリッと辛いモツの回鍋肉のような仕上がりでおいしいです。ご飯にもお酒にもピッタリ。





画像


~材料~

・豚モツ…適量(牛でも)下茹でしたものを購入しましたが、

脂がかなり出るので焼酎を入れた湯でもう一度下茹でしました。



・キャベツ…適量(手で大きくちぎり、ラップなしでレンジで加熱しておく)

豆板醤…辛さの好みで加減

コチュジャン…韓国の甘味噌(あると便利)

・砂糖…適量(みりんでも)

・焼酎…適量

ごま油…適量

・切りゴマ…適量(仕上げにかける)



〈1〉フライパンにごま油を熱しモツを炒め、豆板醤、コチュジャン、焼酎をいれ炒め合わせる。



〈2〉キャベツを投入しよく混ぜ合わせ、味を見て砂糖を入れる。



〈3〉お皿に盛り付けて、仕上げに切りゴマを振り掛ける。




普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかし最先端ノウハウ

 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648







超ヘルシー!水菜と生姜のたっぷりのシャキシャキパスタ

先月、人間ドックでバリウムを飲んで以来体調が戻らなかったので、この1週間ほどで薬と食べ物で試みてみました。薬はビフィズス菌系のもの、食べ物は生姜水菜を毎日もりもり、フリカケサラダにしていました。他も野菜をたっぷり。5日目から効果が現れてすっかり元に戻ったようです。



今日は最も簡単で、生姜をたっぷりいただけるシンプルな味付けのパスタです。





画像

~材料~

パスタ…1人前(塩、オリーヴオイルを入れた湯で茹でておく)

水菜…1束~適量(加熱はしないので食べられる量で5cm長さにカット)

生姜…1カタマリ(生でいただきます。できる限りの細い千切りに)

バター…少々(仕上げに使います。)

・塩…パスタの塩味が足りないとき

オリーヴオイル…適量





〈1〉パスタを茹でる。(30秒ほど早めに湯から上げる。)



〈2〉パスタ水菜生姜バターを混ぜ合わせ皿に盛り付ける。



***生姜の風味で薄味でもしっかり味を感じます。

足りないときは、塩で調整してください。



===================================================================
普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかし最先端ノウハウ
 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648





シリーズ牛肉:フライパンで~手頃な牛肉赤身、ステーキ肉でカンタンローストビーフ~

牛肉赤身の手頃なステーキ肉で、小さなローストビーフがフライパン一つでで作れます。

調理時間もわずかでカンタンです。

今日は、焼いたお肉を寝かせている間に塩茹でしたインゲンをそえて。

クレソンや、マッシュポテトがあったら立派なディナーです。



画像


~材料~

・牛肉の赤身、ステーキ用…150グラムくらい

・塩…適量

ブラックペッパー…適量(たっぷり)

・麺つゆ…大さじ1

バルサミコ酢…大さじ1(あったらでよい)

ハチミツ…小さじ1

・水…100~150cc



・練りわさび…小さじ1

・麺つゆ…大さじ1

・水…適量(味見をして)



インゲン…適量(塩茹で)





〈1〉できるならタコ糸で縛り、肉を固定する。

塩を全体にしっかり目にして、ブラックペッパーをしっかり表面にまぶし付ける。



〈2〉フライパンを煙が出るまでしっかり熱し、サラダオイルを入れて肉を焼く。

表面だけをしっかり焼き付ける。



〈3〉肉をお皿に取り出し、水、麺つゆ、バルサミコ酢を入れ煮立たせる。

中火にして、そこへ肉を入れ15秒くらいずつ両面にたれをなじませ、お皿に取り出す。

30秒くらい肉を休ませて、肉を戻して…これを全部で3回繰り返す。



〈4〉目安としては、表面は焼けていて、中心は押してみて柔らかいくらいでお皿に取り出す。

不安ならば、アルミホイルで包み、ガス台近く置いておく。

10分くらい肉を休ませる。(この間に肉汁にゆっくり火が入っていく)

お肉の厚さにもよるけれど、市販のステーキ用にカットされた肉ならばこのくらいでよい)



〈5〉フライパンに残ったたれにハチミツを入れ煮詰める。

もう一つは、わさびと麺つゆ、水を良く混ぜ合わせる。



〈6〉インゲンを3分間、塩茹でし、水にはさらさないでそのまま湯切りしてカット。

肉をカットして、さらに盛り付ける。







======================================================

普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかし最先端ノウハウ
 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

======================================================


お肉を使わず、納豆でおいしいカンタンニラ餃子

お肉を使わず、納豆でおいしいカンタンニラ餃子



食べたいと思う食材で、料理を作るようにしています。

体に不足しているものを食べたいと感じるのではないかと思うのであえてそうしています。

最近は植物性たんぱく質(お豆腐や油揚げ、納豆など)を摂る機会が多いようです。

今日は以前から作ってみたかった「納豆を使った餃子」にしました。

具がカンタンなので、かかるのは包む手間だけ。

冷めても美味しかったです。小さい皮が向いているようです。



画像


~材料・納豆1パックに対しての分量~



・納豆…1パック(普通から小粒程度のもの)

笹かまぼこ…1枚(納豆の粒に合わせてカット、かまぼこ、ちくわでも)

レンコン…2センチくらい(納豆の粒くらいにカット)

ニラ…1束の1/4くらい(細かくカット)

・漬け物…(きゅうりのキューちゃんのようなもの、キムチ、たくあんなど適当にみじん切り、小さじ1くらい。なければ味噌でも)



・餃子の皮…一袋

・水…50ccくらい

ごま油…少々(焼くときの油)





〈1〉小さめのボールに、納豆(たれ、辛子も入れる)、笹かまぼこレンコンニラ、漬け物を入れ混ぜる。



〈2〉餃子の皮に、具を小さじ1くらいの割合で包んでいく。



〈3〉フライパンを熱し、ごま油をひき、餃子を並べ水を入れ蓋をする。

最初強火で、水がなくなったら弱火にして焼き色をつける。



***羽を付けたいときは、水に小麦粉を小さじ1くらい溶いて入れる。



***中身の味が付いているのでそのままいただけます。





***************************************************************************

普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかし最先端ノウハウ

 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

紅しょうがファン必見! 紅しょうがを楽しむふんわりしっとりのお好み焼き

キャベツ長いもがあったので、お好み焼きを作りました。特徴は水を一滴も使わないこと、

小麦粉がほんの少しだけなことです。一人分なので、豚肉の代わりにベーコンを使います。

キャベツと相性がいいのでまとまった味に仕上がります。

画像




~材料・2枚分(タマゴ1個に対しての量)~



=生地=

・小麦粉…大さじ山盛り5

タマゴ…1個

長いも…直径6cmで5cm長さ(すりおろす)

桜えび…適量

・切りイカ…適量

揚げ玉…適量

・かつおだし…顆粒小さじ1

・削り節…1/2袋



=具材=

キャベツ…大きめの葉3枚くらいを1センチ幅のさいの目切り

紅しょうが…適量

ベーコン…1枚~2枚(2センチ幅くらいにカットしておくといただきやすい。)



青海苔…適量

ソース…適量





〈1〉生地の材料を良く混ぜ合わせ30分くらい常温で寝かせてなじませる。



〈2〉その間にキャベツを刻む。



〈3〉フライパンを弱火でよく温め、サラダ油を入れ油も良く温まったら、

ペーパーで余分な油を取る。



〈4〉一回分(半分)の生地にキャベツ(半分)を入れ、

よく混ぜ合わせてフライパンに入れ、丸くなるようにヘラで周囲を整える。



*15cmくらいになるように。厚みを出すとふっくら仕上がる。



〈5〉形が整ったら、紅しょうがを散らし、上にベーコンをのせ、弱火のままじっくり焼く。



〈6〉裏が狐色になったら裏返して焼く。



*香ばしい香りがしてきたら、焼けていると思います。



〈7〉お皿にのせ青海苔をかけた上からソースをかける。



紅しょうがを楽しむにはこの順番がいいと思います。











普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかし最先端ノウハウ
 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648





ボリュームたっぷり、イソフラボンたっぷりの 『ヘルシー!木綿豆腐の和風チーズカツ』

TVで揚げ物を見たらどうしても食べたくなったので木綿豆腐を使って、豆腐カツにしてみました。

お豆腐だけでもおいしかったと思いますが、今日はとろけるチーズとカツオのふりかけを中に挟んだところ、

お豆腐とは思えない仕上がりに。

からしとウスターソースでシンプルにいただきました。

おしょうゆでも、和風のドレッシングでも合いそうです。

キャベツトマトを添えました。



画像





~材料~



木綿豆腐…1丁(水をしっかり切っておく)

・スライスチーズ…1枚(溶けるもの)

・かつおのふりかけ…小さじ2くらい

・塩コショウ…少々



・小麦粉…適量

タマゴ…1個(溶いておく)

パン粉…適量

・揚げ油…適量



キャベツ…適量(千切り)

トマト…適量

パセリ…適量



ウスターソース…適量

・からし…適量





〈1〉お豆腐の水気を良くきっておく。

横に1/2に切りそれそれに壊さないように切込みを入れ、袋状にする。




画像


〈2〉チーズを2等分して中央にスプーンでふりかけをおいて、半分に折りたたむ。

お豆腐の袋状にした切込みにチーズをそーっといれ、塩コショウをする。

画像



〈3〉小麦粉をしっかり付け、溶きタマゴパン粉を付けて180℃の油でこんがりキツネ色に揚げる。

油きりをしっかりして盛り付ける。
















===============================================


普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかしノウハウ
 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648


~お肉を使わない~ なす、葛切りのあっさり春巻

なすで春巻を作ってみました。麻婆風にしようか、どうしようかといろいろ考えましたが、
シンプルにオイスターソースをベースにして、葛切りに味がしっかりしみ込むようにしました。
葛切りが独特の食感で、酢醤油でいただくとよりさっぱりいただけます。
今回は春巻の皮を縦にカットして三角にしてみました。
中身の具が主張する感じに仕上がります。
皮10枚分作って冷凍しました。

画像



~材料~
・春巻の皮…10枚
・小麦粉と水を混ぜたもの(のりづけ)

・なす…2本(縦に1/2、それを斜めに1センチ幅にカット、レンジで2分加熱。油を吸い難くなる。)
・葛切り…適量(茹でて水にさらしておく。使う時にしっかり水切りし、フカヒレくらいの長さにざく切り)
・シイタケ…4枚(干し椎茸を使用した場合は下記にある200ccの水で戻し、その水を使用)
・鶏ガラスープ(顆粒)…適量
・水…200cc
・オイスターソース…適量
・塩コショウ…少々
・ラー油…お好みで適量
・粉山椒…少々
・片栗粉…大さじ1(大さじ2くらいの水と合わせ溶いておく。)
・ごま油…適量

・揚げ油…180℃


〈1〉フライパンにごま油を多めにひき、なすを炒める。塩コショウを軽くしておく。

〈2〉シイタケを入れ炒め合わせる。

〈3〉水を入れ、、葛切り、鶏ガラスープの元、オイスターソース、塩コショウで味を整える。

〈4〉少し煮込んで(水が足りなくなったら足す。)水で溶いた片栗粉を入れ素早く掻き混ぜ、
3分程弱火で煮込む。

〈5〉ラー油、粉山椒を入れ火を止めて、冷ます。

〈6〉春巻の皮で包む。

〈7〉油で揚げる。

***酢醤油でいただく。からし酢醤油でも合う。

***キクラゲ、エリンギ、エノキ等を入れてもいい。

***味つけができないときは、味の素のクックドゥの青椒肉絲の素を使っても美味しく作れます。


===================================================================

普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ほったらかしのノウハウ

 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648


=======================================================





もやしの玉子とじ~フカヒレ風あんかけスープ仕立て~

もやしをちょっと豪華な感じにと作ってみました。
中華料理でヒゲを丁寧に取り除いたもやしの料理を頂くととても美味しいものです。
最近では ”雪国もやし” の様にヒゲを取り除いた商品もあるので簡単に作れるようになりました。
今日は、1からヒゲを取って作りました。
ヒゲを取るだけで上品に変身してくれます。
あんかけは今日はスウィートチリソースを使って作りましたが、
オイスターソースやあっさりと鶏ガラスープでも美味しいと思います。
あんかけを濃いめにするとおかずにもなります。


画像



~材料~

・もやし…1/2袋(ヒゲを取り除いたもの)
・塩コショウ…少々
・玉子…1個(溶きほぐしておく)
・ごま油…適量

<あんかけ>
・水…200cc
・葛切り…少々(茹でて戻しておく)
・鶏ガラスープ(顆粒)…小さじ1
・塩コショウ…少々
・スウィートチリソース…こさじ3~4(商品によって加減)
・水溶き片栗粉…大さじ1の水に小さじ1の片栗粉を溶いておく
・貝割れ菜…適量(グリーンピースや枝豆、ワケギなど緑のもの)



〈1〉もやしを水で洗い、ごま油で炒め塩コショウをする。(強火)

〈2〉もやしをしっかり炒めたら、ごま油を足し溶き卵を入れそのまま5秒くらい置いて火を止め混ぜ合わせる。
お皿に盛りつけておく。

〈3〉鍋に水、葛切り、鶏ガラスープ、スウィートチリソース、塩コショウを入れ味を整える。(中火)

〈4〉水溶き片栗粉を入れ、すぐに良く混ぜ合わせ弱火にして、3分煮込む。
玉子の上にかけ、貝割れ菜を飾る。


***おかずにするときは、もやしの塩コショウをしっかりし、あんかけにケチャップを入れ濃いめに。


=======================================================

ブロガーにオススメ!

おこづかいを稼ぐなら。

          ↓ ↓

http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

1000円です。

美人美肌メニュー アボカド ~トマトとパセリのサラダ仕立て~

アボカドを1日に1/2個食べるようにしています。
昔、有名なしゃぶしゃぶ屋さんで出しているトマトのサラダを友人が作ってくれたものを
アレンジしてみました。
簡単なので忙しい朝でも作れそうです。
今日はワンプレートにしたので、くり抜いて皮をケースにしました。


画像



~材料~
・アボカド…1/2個(スプーンを使って中身をくり抜き、なるべく四角くざく切り)
・トマト…かなり小さめ1個(アボカドより小さめにざく切り)
・タマネギ…1/8個(みじん切り)
・パセリ…みじん切りにして小さじ一杯分
・オリーヴオイル…小さじ1
・レモン塩…小さじ1/2くらい(余ったレモンをスマイルカットして、多めの天然塩で漬けておいたもの)
・コショウ…少々



〈1〉カットした材料をボールで混ぜ合わせ、くり抜いた皮に盛り付ける。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ブロガーにオススメ!

おこづかいを稼ごう!!

           ↓

http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

1000円でできます。


『豚レバーのカツレツ~バルサミコのソース~』

これはお店のメニューにありそうなくらい美味しかったので私の定番にしようと思ったフライです。

レバーがどうしても食べたくて(カラダが欲していた?)、取りあえず豚のレバー(焼き肉用に8ミリくらいにスライスしてあったもの)を
買って来ました。レバーと言えば、レバニラかレバーペースト。
テーマは臭みをどうやって消すか。
赤ワインで何とか消してみようと、結果的にできたものが、レバーのカツレツです。
フルーティなソースと相性バッチリです。
ジャムはオレンジマーマレードでも、ハチミツでも代用可。
冷めても美味しかったのでお弁当にも。


画像




~材料~

*カツレツ

・豚レバー…8枚(焼き肉用にスライスしたもの)
・赤ワイン…大さじ1~2
・ローズマリー…フレッシュなら葉を枝から外したもの10本くらい(ドライなら15本くらい)
・塩コショウ…適量

・小麦粉…適量(衣用、しっかり付けるので多めに)
・玉子…1個(衣用、溶いておく)
・パン粉…適量
・揚げ油…適量

*ソース
・水…100cc
・アプリコットジャム…大さじ1
・ハチミツ…大さじ1
・ウスターソース…大さじ1(ブルドック使用)
・バルサミコ酢…大さじ1
・コショウ…少々

*付け合わせ
・トマト

〈1〉豚レバーに塩コショウをし、赤ワインを入れマリネしておく。(塩コショウは少々)
(15~30分くらい冷蔵庫に入れて)

〈2〉鍋に水、ジャムを入れ沸騰させ、ハチミツ、バルサミコ酢、ウスターソースを入れ半分までに詰める。(中火)
見ていると多少のとろ味とツヤが出て、泡が大きくなるのでそれを目安にする。
半分を超えると急に変化してくるので、火を弱め手目を離さないようにする。

〈3〉豚レバーの水気を軽く取りながら(ペーパーでは取らない)、小麦粉を全体に丁寧にまぶす。

〈4〉タマゴを付けてパン粉をたっぷり付け、180℃の油で揚げる。
薄いきつね色のうちに裏返し、裏も揚げる。
もう少し揚げたいと思うくらいで油から引き上げ、油を切る。(余熱で揚がるので。)

〈5〉付け合わせのトマトをカットし、お皿に盛りつけ、ソースを全体にかける。


画像


次の日のランチはあまったものでワンプレートにしました。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ブロガーにオススメ!!

お小遣い稼ぎに~簡単です。

興味のある方はどうぞ覗いてみて下さい。

1000円なので始めました。

              ↓    ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648




レンジでチン!ゴボウとベーコンのホットサラダ~レモンソルト和え~

ゴボウを洋風に仕上げようと考えた一品。
付け合わせなので他の調理をしながらレンジを活用にました。
とっても簡単でとっても美味しかったです。
ゴボウはアク抜きをして白く仕上げた方が出来上がりがキレイに仕上がります。


画像



~材料~

・ゴボウ…10~15センチくらい(ピーラーなどで薄くさきがけし、薄い酢水にさらしアク抜きをしておく)
・ベーコン…1枚(ゴボウに絡みやすいように細めの千切り)
・コショウ…少々(ブラックペッパーでも美味しい)
・レモン塩…適量(使い切れなかったレモンをスマイルカットにしてにたっぷりの塩をかけて冷蔵庫で保存しているもの)
・貝割れ菜…2~3センチのざく切り(切ったら一旦みずにさらすとよい。)

・お酢…適量(酢水用)



〈1〉スライスをし、酢水にさらし水切りをしたゴボウとベーコンをレンジに入れてもいい容器に入れ、混ぜ合わせる。

〈2〉レンジ(500W)で2~3分加熱し、ゴボウが柔らかくなっていたらレンジから出して、味見をしてから、
コショウ、レモン塩を入れ合える。

〈3〉貝割れ菜を入れ、全体に混ぜ合わせる。


***次の日はランチは、あまったものでワンプレート(2枚)にしてみました。
画像



=======================================================

ブロガーにオススメ!!

コツコツ続けて気が付いたらおこづかいが…

 ↓ ↓
http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648

(1000円だったで始めました。)

木綿豆腐で、『マスタードソースのトーフのステーキ~エリンギのソテーとアボカド添え』


期限の迫った木綿豆腐が…アボカドと合わせてみたくなりました。
水切りしなくても、と思うくらい硬いお豆腐だったので、
ステーキにしました。

アボカド、エリンギのソテーを添えて、
世界一の美女になるダイエットにも出て来そうなメニューになりました。
アーモンドスライスがあれば…


画像


~材料~

・木綿豆腐…1丁(豆腐によっては水切りして下さい。)
・小麦粉…適量(豆腐にまぶせる量)
・塩コショウ、ガーリックパウダー…少々
・オリーヴオイル…適量
・エリンギ…1本(縦に1/4にカット)
・アボカド…1/2個(種を取り、お好みにカット)

・粒マスタード…小さじ1
・水…100cc
・しょうゆ…小さじ1

・ミョウガ、貝割れ菜…適量


〈1〉エリンギをオリーヴオイルで軽く炒め、よけておく。(キノコは強火でさっと炒めた方が良い。)

〈2〉オリーヴオイルを足し、お肉のように横にスライスし、表面の水気をペーパータオルで取った豆腐に小麦粉をたっぷり付けて、すぐ焼き始める。(中火)
オリーヴオイルはやや多めに。
軽く塩コショウ、ガーリックパウダーをかけ、全面に焼き色を付ける。

〈3〉豆腐を焼いた後のフライパンは焦げが付いているので、水でさっと流し(旨味は残したいので洗剤で洗わない)
水、粒マスタード、しょうゆを入れ半分くらいまで煮詰める。
最後の方は急に煮詰まるので火加減に気を付ける。盛りつけて、ソースをかける。

〈4〉お皿にトーフステーキ、エリンギ、アボカド、ミョウガ、貝割れ菜を盛り付け、ソースをかける。


画像



ブロガーにオススメ!!
お小遣い稼ぎに。¥1000-で。

http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001196&strid=gokigen123&ai=10021648